お知らせと新着情報

お知らせと新着情報
 
介護職員・看護職員・業務員を募集しています
2018-05-01
 
第6回 みんなの工夫コンテストを開催しました。
2018-02-27
平成30年2月25日(日)、各施設の職員が今年度中に行った『工夫』を発表する『みんなの工夫コンテスト』がいなっせ6階ホールにて開催されました。
発表は全部で10グループ。各施設から『介護現場のサービス向上に関する創意工夫』というテーマをもとに、現場実践の中からみんなが笑顔になる取り組みを行ってきた有志のグループが発表を行い、審査員の評価で順位を決めました。
 
【発表内容】
発表No. 1  日光薬
      【特別養護老人ホームかたくりの里】
発表No. 2  職員のモチベーションアップを目指して
      【特別養護老人ホームみさやま】
発表No. 3  安らかな看取りへの取り組み
      【特別養護老人ホームサンハート美和】
発表No. 4  LET'S ENJOY レクリエーション
      【障害者支援施設大萱の里】
事例発表  介護ロボットハルについて
      【特別養護老人ホームみのわ園】
発表No. 5  我が家の家族です!!
      【特別養護老人ホームみすず四恩の家】
発表No. 6  多職種連携による褥瘡(ジョクソウ)改善への取り組みと生活改善
       【特別養護老人ホーム千寿園】
発表No. 7  趣味を活かし、持てる力を引き出す手芸クラブ
                【養護老人ホーム南箕輪老人ホーム】
発表No. 8  ごみが私に伝えてくれたこと
                【特別養護老人ホームみのわ園】
発表No. 9 家族のために自分らしく生きる№2
                【特別養護老人ホームコンソール大芝】
発表No.10  感染症対策 情報整理の工夫
                【特別養護老人ホーム越百園】
 
 
【審査結果】
 
最優秀賞 発表No.8 ごみが私に伝えてくれたこと
          【特別養護老人ホームみのわ園】
 
優秀賞    発表No.9 家族のために自分らしく生きる№2
          【特別養護老人ホームコンソール大芝】 
 
     発表No.1 日光薬     
            【特別養護老人ホームかたくりの里】
  
各施設で取り組んでいる『工夫』を一挙に見ることができる
3時間でした。
 
 
上伊那福祉協会2017ビジョン(中長期計画)を掲載しました
2017-04-05
上伊那福祉協会では、少子高齢化、介護人材の枯渇、就労人口の減少など、これから訪れるであろう様々な課題に対し、職員の成長に力を注ぎ、利用者への質の高いサービスを提供することで高度な経営資源を創造するという「カミフクサイクル」を構築し、「笑顔・幸せ・成長を求めて」社会福祉法人上伊那福祉協会2017ビジョン(中長期計画)を定めました。上伊那福祉協会では、この2017ビジョン(中長期計画)を柱として、これからも地域の皆さまのために邁進して参ります。
 
ご覧になりたい方はこちらをクリック ⇒ 社会福祉法人上伊那福祉協会2017ビジョン
 
上伊那福祉協会介護ロボットの導入について
2016-06-21
上伊那福祉協会介護ロボットの導入について
kamifuku Nursing Care Robot NEXT
 

私達、社会福祉法人上伊那福祉協会では、「サービスの質」「職員の質」「経営の質」の3つの資質の向上に向けて、今まで以上に積極的に取り組んでいくことといたしました。平成27年年初に、平澤会長から「介護ロボットを積極的に導入していく」との方向性が出され、会長を始めとして施設長、管理と視察やデモを重ねて検討を行いました。そして、人(Human)によるサービスにさらなる付加価値をという意味合いから、「ご利用者への新しいエンターテイメントの提供」「介護職員への負担の軽減」「ご利用者と職員への積極的な環境への投資」をテーマとして、特別養護老人ホームみすず四恩の家へコミュニケーション型介護ロボットの導入を行いました。今後も様々なタイプの介護ロボットの検証を重ねて、時代にマッチした福祉施設であり続けるよう努力してまいります。

<<社会福祉法人上伊那福祉協会>> 〒396-0111 長野県伊那市美篶7164-1 TEL:0265-77-0350 FAX:0265-74-7544